HOME > 事業内容 > 全国共同運用

全国共同運用

全国農業協同組合中央会の委託事業としてCompass(コンパス)-JA(JAの財務会計、管理会計、固定資産、人事給与、購買)をプライベート・クラウドで提供するための全国共同運用センターを当社データセンター内に構築し、平成24年4月よりサービスを開始しました。
将来的な見地に立った場合、県単位での情報センター機能の維持はITコスト、大規模災害のリスクなどの面から難しいといえます。当社では平成17年3月より全国に先駆け、JA長野県グループの管理系業務をCompass(コンパス)-JAへ統一する事で、長野県のシステム運用の効率化に寄与し、ノウハウを蓄積してまいりました。情報の安心・安全な管理のために当社の持つ設備、人的財産を活用し、全国のJAグループの共同運用センターとして他県JAグループならびに、多くのお客様に情報サービスをご提供してまいります。

このページのトップへ